メインへ
">">
:::

百年の技芸を体験、夏限定の「蹦火」をテーマにした海陸ツアー

每年7、8月は「青鱗魚(サッパ)」の最盛期です。青鱗魚は走行性があり、百年あまり前、先人たちはこれを利用した「磺火漁法-蹦火仔」を生み出し、台湾北海岸独自の文化となりました。磺石に水を加えて生まれた可燃性の気体「アセンチレンガス」を利用して船の先頭で火を点けます。火が燃え上がると、光に導かれた青鱗魚が海面で踊り出します。アセチレンガスが燃える瞬間は「ポン」という巨大な音が響き渡ります。「蹦火漁船」の火が次々と点いていく様子は「磺港漁火」という名称で呼ばれ、金山八景に選ばれています。

「蹦火仔」の文化を絶やさないため、金山の郷土史研究家は民間の団体や地方行政と長年の間、奔走し、努力し続けてきました。これにより2015年には「新北市無形文化資産」に指定されることに成功しました。「富吉268号」の蹦火漁船の「火長(航行を導く人)」は簡士凱という地元に戻ってきた青年です。彼は台湾最後の「蹦火漁船」の舵を取るという重責を担っており、百年続く技芸を継承しています。

8月19日から金山ビジターセンターで開催される「金山蹦火漁業文化展」では伝統的な蹦火漁業を再現し、インタラクティブに知識を得られるようになっています。ここでは金山特有の漁業文化について学ぶことができます。

金山蹦火

燭臺雙嶼

蹦火船出海準備

蹦火團海上夕陽

蹦火團海上追火

蹦火團海上追火圖

蹦火團陸上導覽

蹦火團陸上導覽圖

蹦火團蹦火原理展示

最終更新日:2022-08-30
:::
情報の間違いがありましたか?ぜひご報告ください。
  • 管理処本部(白沙湾ビジターセンター)
  • 25341 新北市石門区徳茂里下員坑 33 の 6 号 googlemap
  • 電話:886-2-8635-5100
  • ファクス:886-2-2636-6675
  • 三芝ビジターセンター
  • 252 新北市 三芝区埔坪里埔頭坑 164-2 号 googlemap
  • 電話:886-2-8635-5143
  • ファクス:886-2-8635-3748
  • 金山ビジターセンター (野柳管理所)
  • 208 新北市 金山区磺港路 171-2 号 googlemap
  • 電話:886-2-2498-8980
  • ファクス:886-2-2498-5290
  • 野柳ビジターセンター 住所
  • 207 新北市 萬里区港東路 167-1 号 googlemap
  • 電話:886-2-2492-2016
  • ファクス:886-2-2492-4519
  • 和平島ビジターセンター
  • 20247基隆市中正区平一路360号 googlemap
  • 電話:886-2-2463-5452
  • ファクス:886-2-2463-6987
  • 観音山ビジターセンター (観音山管理所)
  • 248 新北市五股区凌雲路三段 130 号 googlemap
  • 電話:886-2-2292-8888
  • ファクス:886-2-2291-9444

 

 

 

付近のスポット
興味があるかも