noscript
獅頭山公園

獅頭山は地質景観や自然生態が豊富で、元の名前を「金山中正公園」と言いました。海岸に突き出た金山岬は、かつては軍事海防における要地でしたが、現在は観光スポットとなっています。軍事管制エリアであった時代は、一般人は進入することができませんでした。このため、原始の自然と汚染されていない海岸景観が残されています。

獅頭山は海抜約70メートルあまりの高さで、山の上には樹木が繁茂しています。春夏には草花が生い茂り、花の香りと鳥のさえずりに包まれます。四箇所にある展望台からの眺めは素晴らしく、東には野柳岬、西側には磺港漁港と中角山の海景色が眺められます。歩道を北側に進んでいくと、伝統的な赤い涼み台「中正亭」があります。ここから北側の海面を眺めると、有名な金山のランドマークである「燭台雙嶼」がはっきりと見えます。

北磺渓の河口に位置する磺港漁港は、清国時代には硫黄を運搬していたため、この名前が付けられています。現在は漁港公園として整備されています。漁の時期には、日が暮れると漁り火が灯り始め、星空とともに輝き合い、非常に美しい光景となります。水尾漁港は普段は風や波が静かで、夜になると海面は鏡のようになります。満月の時は、明るく照り輝く月が海面に映り、波間がキラキラと輝きます。詩情溢れた絵画のような風景で、金山八景の一つである「水尾泛月(水尾漁港に浮かぶ月)」も見ることができます。

金山岬に突出した獅頭山は北海岸における展望台と言えます。ここは左右を漁港に囲まれており、高台から見下ろすと、金山の海岸景観の美を思う存分目にすることができます。一度で三大奇観(燭台雙嶼、磺港の漁り火および水尾泛月)を眺められます。また 、特殊な軍事遺跡も探索することができ、見逃せないスポットとなっています。

観光マップ
関連情報
交通情報
クイックスタート